今年も! 工芸美術 知新会展 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

今年も! 工芸美術 知新会展 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2018年7月6日(金)
今年も! 工芸美術 知新会展

いつも大変お世話になっております。

本社営業の佐伯です。

 

唐津では、毎年夏に、日工会西日本地区「知新会」の展覧会が開催されます。

今年も、弊社は、そのパンフレットの製作を、撮影から、させていただきました。

 

年に一度の展覧会で、今回で、32回目。

今回は、会員・一般公募作品24点、第28回工芸美術日工会展出品作品20点の、

計44点が展示されます。

 

 

会員・一般公募作品24点の中から、知新会大賞、唐津市長賞、中里逢庵賞などの各賞や、入賞作品が選ばれますが、

撮影の日が、審査の日。

当日は、地元、佐賀をはじめ、福岡、長崎、大分、熊本、そして山口県などから、

会員さんらが、渾身の大作を持って、会場に集われます。

誰が来るのか、そして、どんな作品を持ってこられるのか。

当日、蓋を開けてみなければわからない状況に、撮影しようと構える私たちもドキドキします。

 

この展示会、審査会に合わせて久しぶりに顔を合わせる会員さんも多く、

皆さんの控室は、同窓会のような和気あいあいとした雰囲気。

しかし、やはり、みなさん、一流の芸術家、

自身の作品がどう撮られるのか、こだわりは強く、

撮影会場は、ピンと、張り詰めた雰囲気に包まれます。

弊社カメラマンが、一点一点、細心の注意を払いながら、心を込めて、撮影させていただきました。

撮影を終えた作品は、審査会場に運ばれ、受賞作、入賞作品が決定。

 

会員さんらの芸術性を感じながら過ごせるこの日は、私にとって、大いに刺激を受け、多くのことを学ばせていただく、大変貴重な一日。仕事の責任は重いものの、毎年、非常に楽しみにしている一日です。

 

 

パンフレットは、目下制作中。

作品の輝きが一層増すようなパンフに仕上がるよう、こちらも、

弊社デザイナーが、心を込めて、作っております。

しかし、やはり、実際の作品を目の当たりにしたときの感動には及びません。

皆さんも、ぜひ、展覧会会場に足を運ばれて

作品の迫力、力強く湧き出る作者の想いに触れてください。

今年の会期は、7月17日(火)~7月29日(日)

会場は、唐津市近代図書館美術ホール、入場無料、7月23日(月)は休館日となっています。

 

今年も大作ぞろい。その中で、受賞作はどれなのか。

必見です。