初めてのロクロ体験 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

初めてのロクロ体験 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2019年5月14日(火)
初めてのロクロ体験

こんにちは。毎月14日の担当をしている福岡営業所の大久保です。
 
新しい元号令和になり、もう半月が経ちますね。
新しい時代の幕開けということで、僕自身何か新しいことを始めたい!という気持ちになり、
人生初のロクロ体験を行なってきました。
 

 
土練りから始まり、電動ロクロ台に練った土をセットし、
たっぷりと両手を水に浸して、土殺しという工程を行い、
基準となる穴を左親指で開けたら、いよいよ器作りのスタートです。
 
少し早めの回転で、基準穴から親指を差し込み、
ある程度広がってきたら左手を土の外側に添え、右手の人差し指、中指、薬指の三本で、
土の厚みを確認しながら形成して行くのですが、
薄すぎると歪んでしまうし、何よりも失敗したくない!
 
という恐怖心から第1作目は厚みのある小さなぐい呑になって
しまいました。
 
今回のロクロ体験のプランは、1つの土から3種類の器を作るというプランなので、残りは2回。
2回目は1回目の反省を踏まえ、器としての薄さをイメージしながら、
かつ大きさにも注意を払いロクロを回して行きました。
 
結果、回数を重ねるごとにイメージする形に近づいてゆき、
3回目の器はかなり納得のいく形へと仕上げることができました。
普段パソコンでの制作業務がメインの僕にとって、今回のこのロクロ体験はとても良い体験となりました。
平成が終わり令和となり、新しい変化をもたらすきっかけとして、ロクロ教室に通うのも悪くないかも!っと
密かに感じた連休でした。