印刷用紙の種類について | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

印刷用紙の種類について | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2016年12月22日(木)
印刷用紙の種類について

 

印刷用紙として一般的によく使われるのが

上質紙、コート紙、マットコート紙の3種類です。

まず上質紙はコピー用紙に代表される、文字が書きやすく

テカリが出ず、目に優しい紙質です。

用途としては文字の多い冊子、報告書などに適しています。

次にコート紙ですがこれはチラシに代表される写真が鮮やかに

見えるテカリのある用紙です。パンフレット、ポスターなどに

よく使われます。さらに光沢度を上げたアート紙という紙もあります。

最後にマットコート紙ですが、この紙は上質紙とコート紙の

中間の性質で、写真も鮮やかに見えるが

テカリがないので文字も読みやすく、

情報誌、パンフレット、広報紙などに使われてます。

 

まとめますと

画像重視の内容ならコート紙

画像も大事だが文章も大事ならマットコート紙

画像は不要で文字情報が重要ならば上質紙

ということになります。(西田)