「ブラボー!!」と叫ぼう! | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

「ブラボー!!」と叫ぼう! | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2017年12月1日(金)
「ブラボー!!」と叫ぼう!

いつも大変お世話になっております。

本社営業の佐伯です。

 

舞台やコンサート会場に足を運ぶのが好きで、機会を見つけては、

いそいそと通っています。

芸術の秋は、素晴らしい公演が目白押し。

子どもたちと、スケジュールや、演目を確認しながら、予定を組みます。

 

これから演奏会が始まるステージ。この日は2階、斜め後方の席。

 

圧巻の演奏に包まれる体験を重ね、ウズウズしていることがあります。

それは、「『ブラボー!! 』と叫びたい!」です。

オーケストラの素晴らしい演奏が終わり、音の響きが消えた、その絶妙のタイミングで、

日本語離れした発音で、よく通る声で、「ブラボー!!」と叫ぶ・・・

をイメージしながらも、

男性陣の、多くの「ブラボー!!」が飛び交う中で、

遠慮がちに、「ブラボ~」と、ぼそっ・・としか言えない・・。

貰った感動と、熱い思いを、演奏者に返したいのに。

伝えたいことを伝えられなかったモヤモヤ感を抱えて、会場を後にしています。

 

高1の三男坊に相談すると、

「そんな、隣で、『ブラボー!! 』とか叫ばれたら、他人のふりするよ~」と苦々しい顔をされながらも、

「思い描くだけじゃ駄目だよ。練習しなさい!」と言われました。

目下、会場の、上手い「ブラボー!!」のお歴々をお手本に、こっそり、練習中です。

という訳で、「『ブラボー!! 』と叫ぼう!」が、この1年の、演奏会に向かう私のスローガン。

 

 

弊社の今期のスローガンは、「アピールしよう!」です。

やはり、どんなに「お客さまの為になりたい」と熱い思いを抱えていても、

漠然と思い描くだけでは、伝えたいことも伝えられず、

お客さまにも、こちらにも、モヤモヤ感が生じてしまいます。

お客さまが何を求められているのか、弊社に何が出来るのか・・・

しっかりと突き詰め、確とした準備が出来て、

初めて、具体的に、お客さまにも納得していただけるような、為になるアピールが出来るのだと、実感します。

仕事では、常にそのことを念頭に、今期も、頑張ります!