なまずの寝床 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

なまずの寝床 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2019年2月16日(土)
なまずの寝床

いつも大変お世話になっております。

本社営業の佐伯です。

 

 

寒さが大の苦手の私。

冬は、只々我慢の日々。

 

そんな中、楽しみにしているのが、冬の灯りのイベントです。

 

その中でも、毎年欠かさず訪れているのが、今年で19回目を迎えた

佐賀 嬉野温泉の「うれしのあったかまつり」。

今年は1月26日~2月11日の開催で、もう終わってしまったのですが、

大好きな「なまずの寝床」を満喫してきました。

 

 

嬉野の地で古くから祀られてきた「豊玉姫」。そのお遣いが、「白なまず」。

「なまずの寝床」は、白なまず様が支配する嬉野川の川底を、

380体を越えるランタンで表したものです。

 

 

会場は体育館で、2階の観覧席から全体を見るとこんな感じ。

 

 

フロアに下りると、まるで、川底を歩いているかのよう。

 

 

 

 

川の中の世界を細やかに作りこんであり、

生き物たちの表情も豊かで、見飽きず、

何度も何度も、川底を巡ってしまいます。

 

 

そして、柔らかいランタンの灯りに癒され、会場内にゆったりと流れる音楽に身を漂わせ、

2階の観覧席に、時を忘れて、いつまでも佇みます。

 

 

「なまずの寝床」は今年で3年目。

毎年、白なまず様を囲む川底の様子も変わり、新作ランタンも登場し、惹きつけられてやみません。

 

 

冬が苦手な私ですが、こんな楽しみのお陰で、

冬の訪れが待ち遠しくもなったりします。

 

そして、もう一つ、毎年楽しみにしている、灯りのイベントが、

長崎ランタンフェスティバル。

 

今年は、残念ながら、訪れる機会を逸してしまいました。

来年は必ず行くと心に誓い、一年間、また頑張ります。