剣道大会プログラム冊子の制作、デザインから印刷、製本まで | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

剣道大会プログラム冊子の制作、デザインから印刷、製本まで | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2017年12月7日(木)
大会プログラム冊子

おはようございます、こんにちは、こんばんは
株式会社三光 生産部 山口大司です。

 

 

ありきたりな書き出しをすれば、、、、、

『あっという間に2017年も終わろうとしていますね』

皆様どんな1年でしたか?

感動あり 涙あり 喜びあり 悔しさあり

勝手に自分が総括する1年を漢字一文字に表すと『新』です! (`・ω・´)

家が建ち、中学校最後の部活が終わり高校へ、仕事の方も新たな取り組みが開始され

公私共に新たな事が始まりました。

 

 

 

と、

落語で言う“まくら”はこれぐらいに少しは印刷会社らしい話をしなければただの日記になりそうなので、

また読んでくださるお客様の為にならないと思いますので少し印刷物について紹介していこうと思います。

 

 

 

スポーツ観戦が好きな私は特に過去何度なく紹介しておりますが剣道を観るのが特に好きです。

子供たちが全員剣道をやっているという理由がありますが私自身も非常に興味があります。

幾度となく応援に行きました。

 

 

そして必ずと言っていいほどやることがありますが

それは『大会プログラムを購入する』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは代表的な全国大会のパンフレットですがトーナメント票が製本してあり

特殊ではありますがお値段1冊1,500円

 

 

 

他にも各大会ごとに出場選手、チーム、組み合わせ、過去の成績など

内容はまちまちですが、剣道ファンには面白いパンフレットでもあります。

大会の規模などで仕様も価格も変わりますが、おおよその販売価格は1冊300円から1,000円程度が

一般的であります。

 

 

製本の方法はほとんどが中綴じ加工になります。

印刷色は1色刷り、紙質は本文が上質紙44.5㎏ 表紙は色上質特厚口 ページ数はまちまちです。

広告を募り運営されている大会については制作から印刷会社に依頼されている事が多いです。

大会規模が小さい(出場者が少ない)パンフレットは自前でホッチキスで製本してあるものあります。

 

 

と今回は剣道の大会プログラムについて少しだけ触れましたが、次回は実際の生産現場を紹介したいと

思います。乞うご期待!

 

相変わらず前置き長く本編短くてごめんなさい (∵・ω・)

 

株式会社三光 生産部 山口大司