工芸美術展覧会 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

工芸美術展覧会 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2017年8月2日(水)
工芸美術展覧会

いつも大変お世話になっております。
本社営業の佐伯です。

 

 

この程、工芸美術展覧会の、
お手伝いをすることが出来ました。
パンフレットと、キャプションの作成です。

 

日工会西日本地区「知新会」さまの、年に一度の展覧会で、
今年で、31回目を迎えられました。
8月6日(日)まで、唐津市近代図書館で、開催中です。

 


会場内には、陶器、染色など、
個性豊かな立体、平面の作品、約50点が並んでいます

 

 

撮影から行わせていただきましたが、
そこは、一つひとつ思い入れがある、
芸術性の高い作品ばかり。
作家の先生方から、
撮る高さや角度まで、細かい指示があります。

 

そのお陰で、作品そのものをリアルに表現した、
よいパンフレットが出来たと自負しておりましたが、
実際会場に足を運んでみますと、
当の作品の迫力の、足元にも及びません。
ぐっと、見るものを引き込み、何かを訴えかけてきます。
やはり、実際足を運んで、作品と対峙してみなければ、
作品の迫力、作者の想いは、伝わらないものだなあと、実感しました。

 

しかし、観覧に訪れた皆さんが、パンフレットを手に、
パンフの写真と実際の作品とを見合わせて下さったり、
会場を出た後も、パンフを広げて、展覧会の余韻に浸られていたり、
観覧者同士で語り合われたりされている姿を拝見すると、
やはり、パンフレットにはパンフレットならではの良さや、意義、
展覧会をサポートできる力があると、大変嬉しく感じました。

 

今後も、このようなお手伝いが出来る機会を、増やしていきます!