平成30年7月豪雨 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

平成30年7月豪雨 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2018年7月10日(火)
平成30年7月豪雨

東京営業所の川崎です。

この度の西日本豪雨により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

弊社の本社の工場は近くの川は溢れ出して田んぼに流れ込み当社の前の道路は川になり、封鎖され弊社駐車場は車止めがなくなる程度の水かさまで浸水しました。
しかし幸いにも大きな被害もなかったので、ありがたいことです。(本社部長より)しかし、岡山や広島では未だに復旧の目途がたっておらず不安な毎日を
過ごされている方も多いとお聞きします。なるべく協力できることは私も致します。いち早く安心できる毎日が来ることをお祈り申し上げます。

東京営業所としての問題は本社の佐賀工場で印刷した納品物の運送がまだ不安定で遅延が出ていることです。
こちらはお客様のご迷惑にならぬよう細かくチェック致しますのでご安心ください。
逆に関東のお客様で九州に納品がございましたら是非とも弊社にご連絡いただければと思います。

いやな予感ですがこの大雨は今年だけのような気がしません。世の中に温暖化の影響が出始めております。
この悪い経験を糧に、気を引き締めて毎日を悔いなく過ごしていかなければいけないと改めて思いました。