微笑ましいニュース! | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

微笑ましいニュース! | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2018年6月6日(水)
微笑ましいニュース!

こんにちは。営業の小濱です。
AIの加速でシンギュラリティ、2045年問題が叫ばれ、
機械と共存する新たな産業・事業が考えられる、とメディアが伝えています。そんな今日ですが…

弊社の玄関の上には、なんと、可愛い声が響いています。
そう、燕(ツバメ)の雛が元気よく声をあげているのです。
親燕は雨の日も、晴れの日も、せっせ、せっせと餌運びに余念がない。
よく働くなぁ…
育児放棄のニュースが絶えず聞こえてくる昨今、
燕の方が愛情深く子育てをし、人間にも勝るのではないか…などと感心しています。

しかし現在に至る迄は、何度も玄関に飛んできては追い払われていたようです。
が、ある定休日が明けた朝、見事な巣が完成していました。
なんか、人が根負けしたような感じです。笑えてきます。
出来上がった巣を壊すような、ならず者は弊社にはおらず、念願のマイホームを構えた燕さん一家です。

そんなマイホームにも、他の燕のカップルが、この玄関上の場所を狙い、飛んで来て、2組の攻防戦が繰り広げられていました。
まるでエルサレムの地ように、この場所は聖地なのかもしれません!
人が始終出入りしますから。すり込まれたDNAは凄いです。

さて、これからしばらく日本で生活し、秋には温かい国、台湾、フィリピン方面にいくようですよ。
しかし、たまに日本で越冬する燕もいるそうです。
これは、燕も進化しているのかも…しれませんね。

さぁ、今日も県外へ繰り出します。待っていてくださるお客様のもとへ。
燕に負けないように働きましょう!