年度替りに振り返るツール社内報 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

年度替りに振り返るツール社内報 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2017年9月29日(金)
振り返り

おはようございます! こんにちは! こんばんは!

生産部の山口大司です!

 

 

 

 

すっかり秋になり食欲が旺盛になり、私の体重は最高新記録を更新中です。

臨月を迎える妊婦さんの気持ちが少しわかりそうです。自分の体が重いです。

スポーツの秋ともいいますが、相変わらずの剣道馬鹿息子は何を血迷ったか

今度は『俺、駅伝部に入る事になった、そこで体力ばっちりつけるばい! o(・ω・´o) 』

剣道部と駅伝部と掛け持ちで頑張っていらっしゃいます ( ̄◇ ̄;)

貴様の脳みそは筋肉か! もう何も言えねぇって感じです。

 

 

 

 

メインの剣道部は世代交代が進み2年生が主将として

3年生である息子は引き継ぎを行いながら、

自分がどこまで練習にかかわるべきか?

アドバイスをするべきか?

など葛藤があり、悶々とした感じが剣道にも迷いが生じ

本来の切れがなく、いわゆるスランプに落ち込んでいるようです。

 

 

 

 

親心としては 『今しかできないことを精一杯今やる!』

という気持ちを尊重し本人が選択し全力で頑張ってくれればそれだけでいい。

みたいなかっこいい事を言えればいいですが、

『勉強は大丈夫か?受験大丈夫か?でも剣道見たいしなぁ、、、』

親も悶々とした気持ちで親子共に悩んでいます。

 

 

 

このブログを通じて親子関係をおさらいすると

息子は中体連が終わり『ロス感』が強く、来年こそはという目標が

受験という障害の為、目標への現実味がなく計画へ落とし込む事が

できていないのだと思います。

一方の親は人生は今だけではない長いものだから一生懸命であれば

高校にこだわることはないしかし、世間体もあるし、よい学校へ

いう親のエゴもあります。

 

 

 

 

社会でも同じ感じですね、少し違うのは“強制的な節目が社会にはない”

故に自分自身が節目を大切に目標設定をし進捗管理し自分自身で成長するしか

ないという事です。

はたして今の自分は去年の自分と比べどう成長しただろうか?

間違いなく体重は成長しましたがね (´・ω・`)

 

10月末で期が変わるので振り返りをしてみました。

 

生産部 山口大司