AR(拡張現実)のご紹介 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

AR(拡張現実)のご紹介 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2016年12月20日(火)
AR(拡張現実)のご紹介

 

先日イオンのチラシにARが導入されました。

ARとは拡張現実のことですが

イオンのチラシでは情報が埋め込まれた

写真をアプリで読込むと

売り場の担当者がTVのように

商品説明をする動画が始まるというしかけでした。

いよいよ大手もこのAR活用に目を向け始めたようです。

ただ残念だったのが、その時のイオンのチラシではアプリの反応速度が遅くて

動画を見るまでの待ち時間が、イライラレベルだったことです。

 

さて、当社でもこのARをパンフレットなどに

落とし込む実績はあり、動画再生速度もスムーズです。

 

紙媒体は情報掲載の制限がある中

この拡張現実と融合すると

一味違った伝達手段となり

見る側の印象に残るのではないでしょうか。

 

動画は動きと音声が入りますので

情報伝達量が桁違いに違うはずです。

 

それに加えて当社では

ドローンによる空中撮影も行っておりますので

このARと融合されれば

記念誌や求人パンフなどに

有効活用ができると思います。(西田)