amazonなりすましメール詐欺を簡単に見分ける1つの方法 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

amazonなりすましメール詐欺を簡単に見分ける1つの方法 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2019年2月19日(火)
amazonなりすましメール詐欺を簡単に見分けるたった1つの方法


 
こんにちは。なりすましメール詐欺・注意担当の西田です(笑)
 
本日このようなメールが会社のPCに来ました。(画像クリックで拡大)
 


 
メールのタイトルが以下の通りです。
 
[緊急の通知]Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れてます!
 




 
頻繁にamazonを利用している人は、あわてますよね。(僕も一瞬あわてました)
 


 

 『こういうときは一呼吸おいて、送り主のメールアドレスを確認しましょう!』 

(画像クリックで拡大)
 

 
画像の赤枠部分ように送り主のメールアドレスは
 

amappsi006@s182.coreserver.jpです。

 
アマゾンのドメイン(@以降のこと)はamazon.co.jpですから
これは怪しいアドレスですね。
 
どうも、なりすましメールからの詐欺を狙っているようです。
 
 
 
実は、以前会社のアカウントで知らないうちにギフト券を10万円ぐらい注文されていて
危機一髪の経験があるんです。くわしくはこちら
 
 
 
なりすましメールにひっかからない最大のポイントはさきほど言いましたように
 

まず、送り主メールアドレスの確認です。

 
 
 
さて、偽メール右下の「支払い方法を更新する」をクリックしてみます。
 
本物と偽物のログイン画面の比較が以下の通りです。(画像クリックで拡大)
 

 

①が偽物、②が本物です。
 
偽者のロゴにはco.jpがありませんし
Amazone、最後の「e」が余分です。
 
 
 

今度はURLも比較してみましょう。
 


 

①が偽物、②が本物です。
 

偽物URLは「鍵マークがなく、http」に対して、本物は「鍵マーク有り、https」です。
 

大事なIDやパスワードを要求しているURLが
暗号通信でなく認証も受けていないドメインということ自体

アウトです。

 
もし詐欺に遭うと、以下のようにログインされて、勝手に100万円分のギフト券が注文されてしまいます。

(画像クリックで拡大)

 
 

 
【注意】カード利用枠に問題なければ、最大100万円分のギフト券詐欺も可能なんですよ!
 
ログインできれば、登録されているカードで自動決済できますし、
受け取りは近くのコンビニ指定にすれば、現住所にいながら詐欺が成立です。
 
 
【まとめ】
 
※amazonなりすましメール詐欺を簡単に見分けるたった1つの方法とは
 

『まず、送り主メールアドレスを確認しましょう!』