簡単ダイエットに必要なたった1つの知識 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

簡単ダイエットに必要なたった1つの知識 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2019年3月7日(木)
簡単なダイエット(easy diet)に必要なたった1つの知識

簡単なダイエットをお探しですよね。 Click here for English
 
実際に「簡単 ダイエット」でグーグル検索して、1位表示の記事を読みました。
 
・呼吸をするだけでダイエットウォーキング
 

・姿勢を正すだけで筋トレ効果
 

・1日5分デスクストレッチなどなど
 
 
たしかに簡単ですが、すぐに効果が出るかと考えた場合
 
「???」が付く内容でした。
 
なぜそんなことが言えるのか。






それは最近、物凄い本に出会っていたからです。
 
この本、マジ、ヤバイです!
 
この本によって、今までのダイエット常識が崩壊しました。
(男性の僕がダイエットに熱くなるのは変ですが、以前ボクシングの減量経験があるからです)
 
※【5秒で読める】簡単ダイエットのまとめはこちら
 
簡単ダイエットを探している人にとって、現時点でこれ以上の最新情報はないと思います。
以下アマゾンの書籍紹介から引用します。

 
 

引用元(画像クリックで拡大)
 

トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』医学博士ジェイソン・ファン(著)(2019年1月8日発行)
 
書籍内容紹介(480ページの大ボリューム)
 
★発売たちまち大反響! 10万部突破! 
 
★肥満大国アメリカを変えた! 異例の全米大ベストセラー減量本! 
 
★アメリカAmazon.comで1900件以上のレビューを集め、平均★4.7高評価を獲得した信頼の内容! 
 
★日本の医師からも邦訳が待望された1冊! 
 
★ダイエットでもっとも重要なのは「食べる回数」! 食べる回数を減らせば肥満ホルモンが減り、脂肪燃焼率が上がる

 
★膨大な研究結果から導き出したもっとも効率よくやせる方法! 
 

“食事量”や“食事内容”、“運動”より、「食事の回数」がはるかに重要だと語るのは、世界的な減量医師のジェイソン・ファン氏。
 
「同じ食事量であっても、食べる回数が少ない人は圧倒的にやせやすい」と指摘する同氏は、その背景に「肥満ホルモン」の存在があると明かします。
 
どんなに健康的な食べ物でも、またどんなに少量であっても食べる回数が多いと、「肥満ホルモン」がたくさん分泌されて細胞に糖がたまり、脂肪も体にたまっていくのです。
 
そして恐ろしいことに、肥満ホルモンの分泌量が多くなると、体内に存在する「体重の設定値」も高くなることに。
 
こうなると、たとえ食事量を抑えたり運動したりして体重を一時的に落とせたとしても、すぐに体は「高くなった設定値」に体重を戻そうとします。
 

本書では、そんな肥満ホルモンの分泌を効果的に抑える方法として、カナダ・トロントの減量専門機関で絶大な効果を上げている「間欠的ファスティング」を公開。
 
この方法なら食事回数が無理なく減らせて体重設定値を低くでき、空腹感もなく、太りにくい体質へとホルモンレベルで変化します! 
 
始めの5日で体重が約1kg減り、体脂肪燃焼率は58%上昇。半年で37kg減に成功した事例もあるメソッドです。
 

(本書で明かされる、肥満と減量の真実↓↓)
 
・「カロリー」を削っても減量効果は得られない
 
・「朝ご飯」をしっかり食べてもやせない
 
・研究で判明した太らない睡眠時間は「7時間」
 
・「1日6杯までのコーヒー」には減量効果あり
 
・「枝豆」を食べると、糖が体から排出される
 
・どうしてもおやつが食べたいなら、「カカオ70%以上のダークチョコ」を選ぶ

 
以上引用元トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ

 
————————————————————————————
 

 

トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ

 

【目次】

※まえがき 世界で最も肥満について知りつくした博士
 

※はじめに
 

・医者が、栄養士が、「見当違いなダイエット」を勧めている 
 

・自力で確実に「減量」をやり遂げる方法
 

・「著名人が言ったデタラメ」で”○○ダイエット”ができあがる
 

・やせないダイエットほど「お手軽感」を強調する
 

・「マウス」がやせても人間はやせないー有効で有益な「エビデンス」のみ掲載
 

・「膨大なエビデンス分析×医師としての知見」から出したベストアンサー
 

第1部 肥満の真実

 

・世界にはびこる「やせないダイエット」情報
 

1章ダイエットの黒歴史…人類は「やせない知識」で減量に挑んでいる

 

・助言を下す「医者」が太っている
 

・「本当の原因」だけに対処する
 

・成人の6割が「体脂肪」を誤解している
 

・何百万ドルもかけて導かれた「誤った結論」
 

・糖質制限は『科学上、最新の理論」とは違う
 

・信じているのは「100年前の説」
 

・「低脂肪」は心臓にも減量にも効果がない
 

・低脂肪食は「高糖質食」と内容は一緒
 

・「炭酸飲料を飲みなさい」という国家キャンペーン
 

・誰が言うかで「正解」が二転三転する
 

・「バター」を避けた途端、人類は太り始めた
 

・「親が太っていると子が太る」エビデンス
 

2章 残酷な真実…肥満は親から子へ遺伝する

 

・太る原因の「7割」は血統にある
 

・それでも「あなたに〝太る遺伝子〞はない」と断言できる
 

・「食欲を止めるホルモン」に働いてもらう
 

第2部「カロリー制限」という幻想

 

・カロリーゼロで落ちる体重は「ゼロ」
 

3章 「食事量は関係ない」と断言できる…「削ってもムダ」だと示す膨大なデータ

 

・「食べた分だけ太る」のどこが間違いなのか
 

・「カロリー」と「油脂」は別物
 

・「摂取カロリーが増えても太らない」というアメリカ20年研究の結論
 

・イギリスでも「因果関係なし」との結果に
 

・「頭脳労働」でもカロリーは減る
 

・「食べない人はどやせにくい」はどの研究を見ても明らか
 

・「食べずに毎週22キロ」歩くとどうなるか?
 

・「デメリット」がメリットをゆうに上回る
 

・「心臓」が弱まり「髪」が抜ける
 

・食べる量を減らすと「前以上」に太る
 

・「リバウンド」は意志の力と無関係
 

・「食べた量」以上に脂肪は燃えない
 

・7年半「食事減×運動増」を続けて1キロも減らなかった
 

・「満腹ホルモン」の出が悪くなる
 

・脳の「我慢領域」が弱まる…ブレーキの喪失
 

・「カロリーを計算」してもいいが意味はない
 

・「アスベスト」の次点レベル
 

4章 運動神話…残念ながら、走っても、走っても、やせません

 

・「運動人口が増えても、太った人は減らない」統計データ
 

・「運動しない国」ほどやせの人が多い
 

・1日32キロ歩いて消費するカロリーは「月並み」
 

・運動して燃やせる脂肪は「5%」が限界
 

・どうしても「食べた以止に動く」とやせそうに思える
 

・「マラソン」でもごくわずかしか減らない
 

・食欲が『思っている以止」に増大する
 

5章 過食のパラドックス…「食べ過ぎると太る」も大嘘?

 

・「過食実験」はなぜ成功しないのか
 

・「たっぷりの食事」を拒んだ刑務所の囚人たち
 

・あなたの体重は「勝手に調整」される
 

・「ハンバーガー」を食べても体はやせようとする
 

・太るのは「体重の設定値」が高いから
 

・少食に変えても「体の抵抗」にあうだけ
 

・リバウンドとは「設定された体重」に戻ろうとすること
 

・「体内の仕組み」を存分に利用する
 

・やせたい人が真っ先に「やるべきこと」
 

第3部 世界最新の肥満理論

 

・「肥満ホルモン」が宿主の体重を操作する
 

6章 研究の成就…ついに全容解明した「体重変化のメカニズム」

 

・「年単位の調査」を分析する
 

・ホルモン」ですべて説明がつく
 

・「貯蔵ホルモン」が細胞内に”糖”を押し込む
 

・脂肪は「肝臓がばんばん」になってから溜まる
 

・お腹がすくのは『脂肪が燃える前兆」
 

・年齢とともに「設定値」が上がっていく
 

7章 「インスリン」が肥満ホルモン…ぜい肉の首謀者

 

・「インスリン」を注射すると〝4.5キロ〞増えた
 

・「体内インスリン量」が多いほど太る
 

・「血糖値を下げると太らない」は完全に間違い
 

・インスリンが真因と言い切れる「5種の横断調査」
 

・調査数を「257」に増やしても同じ結果が出た
 

・体重が落ち始める「条件」
 

・インスリンが「設定値のつまみ」を回す
 

・満腹ホルモンを打ち消す「作用」がある
 

8章 イライラするたび体重増加…「ストレス太り」は実在する

 

・「消化」がストップする
 

・「ストレスホルモン」が肥満物資を増やす
 

・「BMI」の数値も高くなる
 

・「不快な刺激]でお腹が出る
 

・「運動」はストレス放出には効果的
 

・研究で出た太りにくい睡眠時問は「7時間」
 

9章 「低炭水化物ダイエット」の真相…データは「常識」とやや違っていた

 

・なぜ「低炭水化物ダイエット」は大昔からあるのか
 

・NYタイムズが「無害」と発表したのは〝脂質〞だった
 

・「低脂肪ダイエット」は非科学的なやり方
 

・「脂質」より「炭水化物」を避けたほうがいいのは確か
 

・ケーキを食べると「糖中毒」になる
 

・糖質制限の問題は「やせない」こと
 

・「白米を食べるアジア人」がやせていた理由
 

・「炭水化物民族」のBMIは20~22と標準レベル
 

・食べている小麦の99%は「人工物」
 

10章 肥満ホルモンの「蛇口」を今すぐ閉める…減量上「太っていた時期」が極めて重要

 

・インスリンが出すぎた体が「メタボ」
 

・「薬物中毒」と同じ現象が起こる
 

・「ホルモンに鈍い体」に変わる
 

・「300キロカロリー減らして8.7キロ太る」事態が起こる
 

・「ヘルシーフード」に変えてもしばらくやせない
 

・「空腹時」も肥満ホルモンが出る
 

・脳の「食欲中枢」が暴走する
 

・有用なホルモンも「ずっと出ている」と問題になる
 

・「何時に食べるか」で体型が大きく変わる
 

・「体内に何も入れない」時間を設ける
 

・「おやつ」が肥満ホルモンを翌朝増やす
 

・「何回食べるか」は〞何を食べるか〞の倍問題
 

・「食べる回数」をとにかく減らす
 

第4部 社会的肥満

 

・「普段の生活」が肥満を秘密裏に助長する
 

11章 大手食品会社の思惑…消責者よ、もっと太れ!

 

・資金援助を受けると「700%」スポンサー寄りの結果が出る
 

・「ちょこちょこ」食べて潤うのはメーカーだけ
 

・朝ご飯を食べる=健康的」は完全な印象操作
 

・体にとって「朝食」は不要なもの
 

・「朝からしっかり食べる」人ほど太りやすい
 

・朝食を食べても抜いても「燃焼率」は同じ
 

・「野菜」の効果がなくなる食べ方
 

「少量をちょっとずつ食べる」と糖尿病リスクが上がる
 

12章 「所得が低い」と太る… 「安い食べ物」のとんでもないリスク

 

・なぜ「金持ち」のほうがやせているのか
 

・「投資家」より「建設作業員」のほうが太っている
 

・「パンの価格」が関与している
 

・食べ物を『値段」で選ぶと太りやすい
 

・「白砂糖」がピマ族の半分を糖尿病にした
 

・「ファーストフード」は意外にも関連が弱い
 

13章 ビッグ・チャイルド現象…「肥満児」は短命…我が子を守るには?

 

・早い子は「Oか月」から太りだす
 

・「住んでいる環境」は影響しない
 

・子の体重は「母親」で決まる
 

・妊娠中の暴食で「子どものメタボリスク」が増す
 

・「学校の体育」に減量効果はない
 

・子どもが「真剣にダイエット」すると体脂肪が増える
 

・「オーストラリアの保育所」で子どもが次々やせた秘密
 

・「炭酸ジュース」を今すぐ取り上げる
 

・「滅糖」で小児肥満率が43%下がった
 

第5部トロント最高の医師がやらない「太る食事」

 

・最新科学が特定した「体重を増やす食べ物」
 

14章 甘い罠…避けないと「中毒化」する恐れも

 

・砂糖を「飲む」のは最もNG
 

・糖尿病リスクを”80%以止” 上げる「甘いジュース」
 

・「白いパン」はピーナッツの10倍以上血糖値を上げる
 

・「果物由来の糖」でパンが不自然に柔らかくなる
 

・「血糖値を上げない天然果糖」が寿命を縮める
 

・1週間で「肝臓」が太リだす
 

・2か月足らずで「糖尿病予備軍」に
 

・ブドウ糖より果糖が多いと「倍速」で太る
 

・「何年も前に摂った砂糖」が脂肪に変わる
 

・砂糖を減らすとアメリカが「州レベル」で変わった
 

15章 「ダイエット飲料」は肥大ドリンク「炭酸」ではやせません

 

・「無糖」にも糖が含まれる
 

・日本人が大消費する「ステビア」もよくない
 

・常飲者は「1.47倍」メタボになりやすい
 

・「脳」「心臓」そして「血管」にも悪い
 

・〞甘くてカロリーゼロ〞だと「脳の食欲」が上がる
 

・「接着剤」を胃袋に入れているようなもの
 

16章 「食物繊維」は絶対に摂ってほしい… 脂肪吸収をセーブL細胞レベルで太らない

 

・「すいかを1キロ食べて!」…GI値の限界
 

・なぜ「精製」が悪いことなのか?
 

・「小麦粉の安全性」を確認した人はゼロ
 

・豆を食べると糖が「おなら」になって出る
 

・「食事量」が減り「便」が増量する
 

・「加工食品」だと〝繊維〞が摂れない…メーカーが「全捨て」する
 

・「がん」と「心臓病」には効かない
 

・「炭水化物の悪さ」がなくなる
 

・「冷凍食」が食物繊維の解毒作用を消す
 

・糖尿病リスクが217%止昇する「最悪の食べ合わせ」
 

・クレオパトラは「酢」を愛飲していた
 

・「小さじ2杯」で減量効果が出るインスリン減、満腹感増
 

・「やるべきことは1つ」と心得る
 

17章「たんぱく質」への過剰期待… 肉は敵か、味方か

 

・炭水化物、たんぱく質、脂質…「不要」なのはどれ?
 

・「皮をがした鶏むね肉」は糖質並によくない
 

・「たんぱく質を飲み込む」と胃がインスリンを増やす
 

・食べ物を「見た」だけで体が太ろうとする
 

・「牛乳」が出すインスリンは”パン以上〞
 

・「GLP-1」が腹持ちを調整する
 

・「赤身肉」を食べると体重が毎日450グラム増える
 

・「低脂肪牛乳」は体重に影響しない
 

・「満腹感」を高める食べ方
 

・「乳製品」はいくらでも摂っていい
 

・「プロテイン・バー」はヘルシーでも伺でもない
 

18章 「脂肪」が体を変える…「いい脂肪」ならやせて健康になる不思議

 

・「コレステロール」は血液をドロドロにしない
 

・コレステロールが「細胞膜」の材料になる
 

・体にいいアボカドの脂質は「マーガリン並」
 

・いい脂肪も惑い脂肪もラベル上は「脂肪」
 

・炎症油」を「抗炎症油」の30倍摂っている
 

・植物由来だから体にいい」はウソである
 

・いい脂肪…心臓に負担をかけない
 

・悪い脂肪… 「動物のえさ」を混ぜて消費期限を長くしている
 
・2%多く摂ると「心疾患リスク」が23%上がる
 

・脳卒中を予防するのは「動物性脂肪」
 

・低脂肪乳より「全乳」のほうがやせる
 

・ハーバード栄養学の権威が出した結論
 

◯◯

第6部 医師が教える「太らないカラダ」の作り方
 

・最新医学で実証済みの「減量の正解」
 

19章 「食べても太らない食べ物」を食べる…お腹が膨れて体重が増えない

 

・「ユニークな減量」をすると後で必ず太る
 

・従来のダイエット法は「6か月後」元に戻る
 

・「複数のプラン」を同時に回す…医学的に確実なやり方
 

・現時点で疫学上『最も信頼できる」5ステップ…完璧な減量
 

・ステップ1:「添加糖の摂取」を減らす
 

・ラベルの嘘を見抜く…「はちみつ」に騙されてはいけない
 

・添加糖回避術① 「デザート」を変える
 

・添加糖回避術②「間食」をやめる
 

・添加糖回避術③ 「朝食」は食べても食べなくてもいい
 

・では「いい朝食」とは何か?
 

・添加糖回避術④ 「炭酸水」を飲む
 

・コーヒー…「1日6杯まで」なら健康効果も
 

・お茶… 「緑茶」が持つ脂肪燃焼作用
 

・ポーンブロス…骨でとった『だし汁」でいい脂肪だけを摂取
 

・ステップ2 :「精製された穀物の摂取」を減らす
 

・「枝豆」を食べる
 
・ステップ3:「たんぱく質の摂取」を減らす
 

・ステップ4 : 「いい脂肪」をもっと食べる
 

・「ピュアオイル」は思いのほかよくない
 

・「ナッツ」「乳製品」「アボカド」にはいい脂肪が豊富
 

・ステップ5 : 「食物繊維」をもっと食べる
 

・「完壁なタイミング」で食べ、最速で、確実に、最もやせる
 

20章 世界最先端の医学分析を集約した太らない食事術

 

…太るかやせるかは「タイミング次第」
 

・「間隔」が長ければ長いほどいい
 

・「間欠的ファスティング」なら確実にやせられるー医師として断言
 

・「毒物学の祖」も〞最も優れた方法〞と保証済み
 

・「ホルモン総動員」で脂肪を燃やしだす
 

・インスリン…分泌が減って脂肪が燃え、5日で1キロ弱減
 

・成長ホルモン…脂肪がエネルギーに変わりだす
 

・アドレナリン…体のエネルギー消費量が上がる
 

・電解質物質…必要な栄養の流出を防ぐ
 

・「体脂肪率4%」以上なら確実に効果が出る
 

・2か月続けると体脂肪率が「2ケタ」下がる
 

・脂肪の燃焼量が「50%以上」上がる
 

・体中に「活力」がみなぎる
 

・「内臓脂肪」から.先に燃える
 

・「肝臓の太り具合」も〝食べる回数〞次第
 

代謝がアップし、血糖値が下がってやせる
 

・「食べたものを記録」する必要はない
 
◆付録A
 

・7日間の食事プラン… 24時間の間欠的ファスティング計画
 

・7日間の食事プラン…36時間の間欠的ファスティング計画
 

◆付録B
 

・間欠的ファスティング実践ガイド…確実に体重が落ちるメソッド
 

◆付録C
 

・太らないマインド・ハック…効率よく眠って「イライラホルモン」を消去
 

————————————————————————————

 

◆今までの常識(全部間違い)
 
・ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーで決まる。
 
・ダイエットにはカロリーゼロの人工甘味料を使用した食品や飲料が良い。
 
・ダイエットには低脂質、低カロリーが効果ある。
 
 

◆これからの常識
 
・ダイエットはインスリン値を下げることで決まる。カロリーは関係ない。
 
・精製された炭水化物(小麦粉、砂糖など)やカロリー0の人工甘味料はインスリン値を上げるので控える。
 
・ダイエットには高脂質、低炭水化物が効果ある。
 
・ダイエットのための運動は5%しか効果がない。95%は基礎代謝で消費する。(健康のための運動は良い)
 
・インスリン値を下げるためには食事の回数を減らし、食事の間隔を長くすると良い
 
・断食は健康にとてもいい影響を与える。(宗教家は1年のうち合計1ヶ月間程度の断食をする)
 
・短期間の断食は1日おきに朝昼抜く(水・コーヒー・お茶・野菜のだし汁などの摂取はOK)
 
・慣れたら終日断食を1日おきに行う
 
 

★【5秒で読める】簡単ダイエットのまとめ★
 
・朝昼食事抜き(水・コーヒー・お茶・野菜のだし汁などは摂取OK)の断食を1日おきに行う。
 
※慣れたら終日断食を1日おきに行う
 
以上、食事代不要、サプリ代不要、運動不要、手間不要の全くお金も時間もかからない超簡単ダイエットでした。
 

(記.西田義久)
 
------------------------------------------------
以下英訳

 

Looking for an easy diet?
 
In fact, I searched the keyword “easy diet” on Google and read the article displayed in 1st place.
 

・ Diet walking by just breathing

 
・Just by correcting posture, muscle trepan effect

 
・5 minutes a day desk stretch etc.

 
Certainly it is simple, but is it effective immediately?

 

I thought as “???”.

 
Why can I say such things? That is because I met a amazing book.
 
People looking for easy diet, I think there is no more information at this time.
 Below is quoted from book introduction of Amazon.
 

“The world’s latest non-fat body to which the best doctor in Toronto teaches” Dr. Jason Phan (MD)
 
Book content introduction
 
★ Releasing rapidly after the release! Breakthrough 100,000!(published January 8, 2019)
  
★ It changed the obesity power country America! An unusual nationwide great big-selling weight loss book!
  
★ Collect more than 1,900 reviews on Amazon.com, average ★ 4.7 Highly rated content of trust!
  
★ One book on which Japanese translation was long-awaited from Japanese doctors!
  
★ The most important thing in a diet is “the number of times to eat”! If you decrease the number of times you eat, the obesity hormone will decrease and the fat burning rate will rise

 
★ The most efficient way to get it out from enormous research results!

“Even with the same amount of meal, those who eat a small number of times are overwhelmingly easy to lose weight,” he points out that “obesity hormone” exists in the background.
 
No matter how healthy food or no matter how small you eat, many “obesity hormones” are secreted, glucose accumulates in the cells and fat accumulates in your body.
 
And, frighteningly, when the amount of secretion of obesity hormone increases, “the set value of weight” existing in the body also increases.
 
If this happens, even if you can reduce the amount of meal or exercise to temporarily lower your weight, the body immediately tries to restore your weight to “higher set value”.
 

In this book, “Intermittent Fasting” which has exerted a great effect at Canadian · Toronto’s weight reduction professional organization is disclosed as a method to effectively suppress the secretion of such obesity hormone.
 
This way you can reduce the number of meals without difficulty, lower your weight setting, you will not feel hungry, will change at the hormonal level to a constitution that is not overweight!
 
Weight decreased about 1 kg in the first 5 days, body fat burning rate increased by 58%. There is also a case that succeeded in reducing 37 kg in six months.
 

(Revealed in this book, the truth of obesity and weight loss ↓ ↓)
 
· We can not get weight reduction effect even if we cut “calories”
 
· Even if you eat “morning meal” firmly
 
· The fattening sleeping time found in the research is “7 hours”
 
· “Weight loss effect” for “6 coffee a day”
 
· When you eat “Edamame”, sugar is discharged from the body
 

 
the cited source 『Toronto The best physician teaches the world’s latest body without fat』
————————————————————————————
The world’s latest weightless body taught by the best doctors in Toronto

【table of contents】

※ Foreword Doctor who learned about obesity most in the world

※ Introduction

・ A doctor recommends that a dietitian “misplaced diet”

・ How to accomplish “weight loss” with certainty

・ The “○ ○ Diet” is completed with “Detalame that the celebrity said”

・ Emphasize “a sense of convenience” as a diet that does not go thin

・ Even if “mouse” is thin, humans are not thin-only effective and useful “evidence” is posted

・ Best answer from “massive evidence analysis x findings as a doctor”

The first part The truth of obesity

・ “Seatless diet” information that spreads to the world

The black history of Chapter 1 diet … humanity is trying to lose weight with “incurable knowledge”

・ The “doctor” who gives advice is fat

・ We deal only with “the real cause”

・ 60% of adults misunderstand “body fat”

“False conclusions” led by millions of dollars

-Carbohydrate restriction is different from ‘Science, the latest theory’

・ I believe that “the theory of 100 years ago”

・ “Low fat” has no effect on heart or weight loss

・ Low-fat diet is the same as “high-carbohydrate diet”

・ National campaign to “drink carbonated beverages”

・ Who says “correct answer” turns over

・ As soon as we avoided “butter”, humanity began to gain weight

・ “When the parent is fat, the child is fat” evidence

Chapter 2 The cruel truth … obesity inherits from parent to child

・ “70%” of fat cause is in pedigree

・ I can assert that “I have no gene habits that will spread to you”

・ Having work on “hormone to stop appetite”

The illusion of part 2 “calorie restriction”

・ The weight to drop at zero calories is “zero”

You can assert that Chapter 3 “The amount of food does not matter” … Huge data showing that “Even if scraped”

・ Which part of “Beat just eaten” is wrong

・ “Calorie” and “oil” are different things

・ Conclusion of the American 20-year study that “I can not gain weight even if calorie intake increases”

・ In the UK, the result of “no causality”

・ The calories decrease even with “brain work”

・ “It is hard to get rid of people who do not eat” is obvious from any study

・ What happens if you walk 22 kilometers a week without eating?

・ “Demerit” outweighs merit

・ “Heart” weakens and “hair” comes off

・ If you reduce the amount eaten, you will gain weight over

“Rebound” has nothing to do with the power of the will

・ Fat does not burn more than “the amount eaten”

・ We continued 7 1/2 half “meal reduction × exercise increase” and did not reduce 1 kilo

・ The output of “full stomach hormone” gets worse

・ “Being area” of brain weakens … Loss of brake

・ “Calculate calories” may be used but there is no meaning

・ Next point level of “asbestos”

Chapter 4 Movement myth … unfortunately, running, running, I can not lose weight

・ Statistics data do not decrease even if the movement population increases

・ There are many people who are as thin as “a country that does not exercise”

・ The calories consumed by walking 32 kilometers a day are “average”

・ The fat that can be exercised and burned is limited to 5%.

・ It seems like it’s going to be thin if you move to something you ate

・ There is only a slight reduction in the marathon

・ The appetite increases to “I’ll stop thinking”

Chapter 5 Overeating paradox … “too fat to eat too much” is also a lie?

・ Why does the “overeating experiment” not succeed?

・ Prison prisoners who refused to “get a lot of food”

・ Your weight is “adjusted by hand”

・ I try to get thinner even when I eat hamburgers

・ Because “weight setting value” is high for fattening

・ Even if you change to a small diet, it will only meet the “body resistance”

・ Rebound means trying to return to “set weight”

・ We make full use of “the mechanism in the body”

・ The person who wants to lose is the first thing to do

The third world latest obesity theory

・ “Obesity hormone” controls the weight of the host

Chapter 6 Achievement of research … “Mechanism of weight change” finally solved

・ Analyze “Yearly Survey”

・ All explanations are given in “hormones”

・ “Storage hormone” pushes “sugar” into cells

・ Fat accumulates after the liver turns

・ If you are hungry, “the fat burns”

・ “Set value” goes up with age

Chapter 7 “Insulin” is an obesity hormone.

· Injection of “insulin” increased by 〝4.5 kg

・ The larger the amount of insulin in the body, the thicker it becomes

・ “If you lower your blood sugar and don’t get fat” is completely wrong

・ “5 types of cross-sectional surveys” where insulin can not be explained

· The same result was obtained even if the number of surveys was increased to “257”

・ “Condition” that weight starts to fall

・ Insulin turns “set value knob”

・ There is an “action” that cancels a full stomach hormone

Chapter 8 Weight gaining with every annoyance … “Stress weight” is real

・ “Digestion” stops

・ “Stress hormone” increases obesity supplies

・ The figure of “BMI” also becomes high

・ I am hungry with “an unpleasant stimulus”

・ “Exercise” is effective for stress release

・ “7 hours” is a difficult sleep problem that came out in the research

The truth of Chapter 9 “Low-Carb Diet” … the data was slightly different from “common sense”

・ Why “Low-Carb Diet” has been around since ancient times

・ The NY Times announced that it was “harmless” was a bribe

・ “Low-fat diet” is a non-scientific way

・ Certainly it is better to avoid “carbohydrate” than “lipid”

・ If you eat cake, you become “sugar poisoning”

・ The problem of restriction of carbohydrates is “not thin”

・ The reason why “Asian who eats white rice” is thin

・ BMI of “carbohydrate group” is 20-22 and standard level

・ 99% of the wheat we eat is “artificial”

Close the “faucet” of Chapter 10 obesity hormone right now … “The time of fatness” is extremely important for weight loss

・ A body with too much insulin “Metabo”

・ The same phenomenon as “drug addiction” occurs

・ We change to “the body dull to hormone”

・ “A reduction of 300 calories and 8.7 kg of fatness” happens

・ If you change to “healthy food”, you can not lose weight for a while

・ “Hunging” also produces obesity hormone

・ The brain’s “appetitive center” runs away

・ There is a problem that useful hormones are “always out”

・ Body type largely changes by “when you eat”

・ Provide a time to “do nothing”

・ “Good snack” increases obesity hormone the next morning

・ “How many times do you eat?” What do you eat?

・ We reduce “the number of times of eating” anyway

Part 4 Social Obesity

・ “Ordinary life” secretly promotes obesity

Chapter 11 Big Food Company’s speculation … Consumers, fatter!

・ If you receive financial support, you will get “700%” sponsorship results

・ It is only maker-to eat and eat “Chokochoko”

・ Having breakfast = healthy is a complete impression operation

・ You do not need to have breakfast

・ It is easier for people to eat well from morning

・ The “burning rate” is the same whether you eat breakfast or leave it

・ How to eat without the effect of “vegetables”

“Eating a small amount little by little” increases the risk of diabetes

The fattening with “low income” Chapter 12 “Outstanding risk of“ cheap food ”

・ Why “rich” is thinner

・ “Construction workers” are fatter than “Investors”

・ “Bread price” is involved

・ It is easy to get fat if you choose food by “price”

・ “White sugar” made half of the Pima people diabetic

・ “Fast food” is surprisingly weakly related

13 The Big Child Phenomenon … “Obesity children” are short-lived … How to protect my child?

・ Early child gets fat from “O months”

・ “Living environment” does not affect

・ Child’s weight is determined by “Mother”

・ “Child’s metabolic risk” increases by overfeeding during pregnancy

・ “Physical education at school” has no weight loss effect

・ Body fat increases when children “diet seriously”

・ Secrets one after another in “Australia’s nursery school”

・ We take up “carbonated juice” immediately

・ The child’s obesity rate decreased by 43% with “dry sugar”

Part 5: Toronto’s best doctor does not eat “a fat meal”

・ “Food to gain weight” identified by the latest sciences

14 Chapter Sweet candy … fear of becoming “addicted” if not avoided

・ “NG” to “drink” sugar most

・ “Sweet juice” which raises diabetes risk “by 80%”

・ “White bread” raises blood sugar level more than 10 times of peanuts

・ Bread unnaturally softened with “sugar derived from fruits”

・ “Natural fructose which does not raise blood sugar level” shortens the life span

・ The “liver” starts to grow in a week

In less than two months, it becomes “diabetic reserve force”

・ If there is more fructose than glucose, it will fatten at “double speed”

・ “Sucroses taken many years ago” turns into fat

・ The United States changed at “state level” when it reduced sugar

Chapter 15 “Diet Beverage” can not be thinned with hypertrophic drink “Carbonate”

・ “No sugar” also contains sugar

・ “Stevia” which Japanese consumes a lot is not good either

・ It is easy for regular drinkers to become “1.47 times” metabolic syndrome

・ It is bad for “brain” “heart” and “blood vessels”

・ If it is sweet and calorie zero, “brain appetite” rises

・ Such as putting “adhesive” in the stomach

I really want you to eat Chapter 16 “Dietary fiber” … Save fat absorption L not gain weight at the cell level

・ “Eat one kilo of water!” … Limit of GI value

・ Why is “refining” bad?

・ There is no one who has confirmed the safety of wheat flour

・ If you eat beans, sugar becomes “fart”

・ The amount of food decreased and the number of stools increased

・ If it is a “processed food”, you can not take the soy sauce … The maker “discards all”

・ It does not work for “cancer” and “heart disease”

・ “The badness of carbohydrates” disappears

・ “Frozen food” eliminates the detoxification of dietary fiber

・ “Worst food eaten” that diabetes risk rises by 217%

・ Cleopatra was fond of vinegar

・ “2 cups of teaspoon” reduce the weight loss effect, increase the feeling of fullness

・ We understand that “one thing to do” is

Excessive Expectations to Chapter 17 “Protein” … Is Meat an Enemy or Friend?

・ Carb, protein, lipid … Which one is “unnecessary”?

・ “Peeled chicken breast meat” is not as good as sugar

・ Stomach increases insulin when “ingesting protein”

・ We try to gain weight by just looking at food

・ The “milk” produces insulin “more than bread”

・ GLP-1 adjusts the belly

・ When you eat “red meat”, you gain 450 grams of weight daily

・ “Low fat milk” does not affect weight

・ How to eat to improve “fullness”

・ Don’t eat too many “dairy products”

・ “Protein Bar” is neither healthy nor unhealthy

Chapter 18 “Fat” changes body … “Bright fat” wonders if you become lean and healthy

・ “Cholesterol” does not make blood dirty

・ Cholesterol becomes material of “cell membrane”

・ Avocado lipid that is good for the body is “margarine”

・ Good fat and mischievous fat are also labeled “Fat”

・ Inflammatory oil is consumed 30 times as much as “anti-inflammatory oil”

・ It is a lie because it is derived from plants

・ Good fat … not stress the heart

・ Bad fat … We mix “Animal Feed” and extend the expiration date

・ If you eat 2% more, “cardiac disease risk” increases by 23%

・ “Animal fat” to prevent stroke

・ “Whole milk” can be better than low fat milk

・ Harvard Nutritional Authority’s conclusions

◯◯ The sixth part How to make “the body without weight” that a doctor teaches

・ “The correct weight loss” proven in the latest medicine

Eat 19 “Would not eat fat food” … belly up and weight loss

・ If you do “unique weight loss” you will always get fat

・ The conventional diet method returns to the original “after six months”

・ Turning “multiple plans” at the same time … medically sure way

・ “The most reliable” 5 steps in epidemiology at the moment … perfect weight loss

・ Step 1: Reduce “intake of added sugar”

・ Locate the label … Do not be deceived by the “honey”

・ Additive sugar avoidance technique 1 Change “dessert”

・ We stop additive sugar avoidance technique 2 “steaching”

・ Additive sugar avoidance technique 3 “Breakfast” may or may not be eaten

・ What is a “good breakfast”?

・ Additive sugar avoidance technique 4 Drink “carbonated water”

・ Coffee … If it is “to 6 cups a day”, health effect

・ Tea … Fat burning effect of “Green Tea”

・ Porn Broth ・ Included only good fat in the bonito soup

Step 2: Reduce “Intake of Refined Cereal”

・ Eat “Edamame”

Step 3: Reduce “protein intake”

・ Step 4: Eat more “good fat”

・ “Pure oil” is not good except for thought

・ “Nuts”, “Dairy products” and “Avocado” are rich in good fat

・ Step 5: Eat more “food fiber”

・ We eat at “perfect timing” and are the fastest, surely, the most expensive

The fattering diet that integrates the world’s leading medical analysis in Chapter 20

… Whether you can fatten or not “depends on the timing”

・ The longer the distance, the better

・ If you use “intermittent fasting”, you will surely lose weight-as a doctor

・ “The Pathology of Toxicology” is also the best method and guaranteed

・ Fresh fat with “hormone mobilization”

・ Insulin ・ ・ ・ The secretion decreases and the fat burns in 5 days

・ Growth hormone … fat turns into energy

・ Adrenaline … the energy consumption of the body goes up

・ Electrolyte substance … prevent the outflow of necessary nutrition

・ If “body fat percentage 4%” or more, the effect surely comes out

・ If you continue for 2 months, the body fat percentage will decrease by 2 digits.

・ Fat burnup goes up by more than 50%

・ “Vitality” is all over the body

・ From “visceral fat”. Burn ahead

・ “The fatness of the liver” also depends on the number of times you eat

The metabolism is up, the blood sugar level can be lowered

・ There is no need to “record what you eat”

◆ Appendix A

Seven-day meal plan … A 24-hour intermittent frosting plan

-7 day meal plan … 36 hours intermittent fasting plan

◆ Appendix B

-Intermittent fasting practice guide … Method to ensure weight loss

Appendix C

・ No fat mind hacks … Sleeping efficiently and erasing “irritated hormones”

  
————————————————————————————

◆ common sense until now (all mistakes)

Diet is determined by calorie intake and calorie consumption.
– Food and drinks with zero calorie artificial sweetener are good for diet.
· Low lipid and low calorie are effective for dieting.
  

◆ common sense in the future
 
Diet is determined by lowering the insulin value. Calorie does not matter.
 
· Refined carbohydrates (wheat flour, sugar etc.) and artificial sweeteners with calorie 0 refrain from raising insulin value.
 
· High lipid and low carbohydrate are effective for dieting.
 
· Exercise for dieting is only effective 5%. 95% is consumed by basal metabolism. (Exercise for health is good)
 
· In order to lower the insulin value, it is better to reduce the number of meals and lengthen the meal interval
 
· Fasting has a very good effect on health. (Religious faiths fast for about a total of one month in a year)
 

 

 
  
【Summary of Easy Diet】
 
· You will fast breakfast and lunch and do every other day. (Ingestion of water · coffee · tea · vegetable soup etc. is OK)
 
※ If you get used to it, fast for one day every other day.

This is a super easy diet that does not require food costs, exercise, or time at all.
 

(Recorded by Yoshihisa Nishida)