ヒートマップを使ったWEB解析 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

ヒートマップを使ったWEB解析 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2018年12月27日(木)
ヒートマップを使ったWEB解析

 

こんにちは、お疲れ様です。

株式会社 三光 にてWEB制作を担当させてもらっています「杉原」です。

 

 

 

 

 

2018年もあと残り僅かとなってきました。

 

 

 

 

 

2019年は元号も変わったり休日も変わったり消費税の増税だったり

 

色々な大きな変化のある年になりそうですね!

 

 

 

 

 

さて今回は、

 

「ヒートマップ」

 

についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

下記の画像は、弊社のホームページの中でも一番アクセスの多いトップページです。

 

このトップページにも沢山のリンクやボタンが配置されています。

 

 

 

 

 

 

アクセスしてきたユーザーが高確率でクリックする場所…

 

とっても気になりますね…

 

 

 

 

 

そこで先ほどご紹介したヒートマップの登場です。

 

 

 

 

 

ヒートマップとは、アクセスしてきたユーザーが、

 

「どこまでスクロールして見ているか」

 

「どこのボタンやバナーをクリックorタップしているか」

 

などを色によって視覚的に見せてくれる機能です。

 

 

 

 

 

ヒートマップにも色々提供元もありますが、

 

誰もが使っているWEB解析ツール

 

「Googleアナリティクス」

 

を使った、弊社のサイトTOPページの人気クリック箇所を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

それでは1ヶ月前までさかのぼって見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

弊社サイトのヘッダーメニューでは、

 

「サービス内容」

 

「会社概要」

 

「製作事例」「変わらぬ想い」

 

が多い様ですね!

 

 

 

 

 

ここから推測するに、

 

「サービスの確認」

 

弊社の会社概要を見て

 

「信頼の置ける会社かを確認」

 

「事例で実力を図り」「メールで問合わせ」

 

といったような流れが見えてきますね!

 

 

 

 

 

どうしても印刷やホームページ作成といったクリエイティブな業種では、

 

「事例を見せているか」で大きく問合せ数に関わってくる業種かと思いますので、

 

予想できたクリック率でしょう!

 

 

 

 

 

さらにユーザーはどういった製作物を求めているのか…

 

下の方にスクロールしていってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WEB製作担当としては嬉しい…

 

「ホームページ」

 

に興味を持っておられる方が多い様ですね!

 

 

 

 

 

この様に、

 

「WEBだからこそできる解析方法」

 

を使ってアクセスユーザーの情報を集め、

 

そこから改善していくことができる点で有用なツール

 

ヒートマップをご紹介しました。

 

 

 

 

 

ヒートマップを使ってサイトを解析しマーケティングに活かしたい!

 

そういった方には必須のツールではないでしょうか。

 

 

 

 

 

こういった情報が直に見れると、

 

WEB業界ってとっても面白いですよね!

 

 

 

 

 

それではよいお年をお過ごしくださいませ!