レスポンシブ・web・デザイン | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

レスポンシブ・web・デザイン | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2017年10月5日(木)
レスポンシブ・web・デザイン

レスポンシブ

 

こんにちは。西田です。

当社では毎月定期的にメールDMを配信しております。

ネット上に公開されているメルアドを収集し、そこにメールDMを配信しているのです。
先日お問い合わせがあったスマホ対応サイトの件について、お話します。
 

まず東京の某企業からお電話をいただきました。現在PCサイトがあるが

スマホ対応になっていないので、対応した場合のお見積りのご依頼でした。
スマホ対応の目的について伺うと、現在BtoBビジネスだが

アクセス解析してみると約2割がスマホからの流入で、徐々に増えてきているので

その対応と、もうひとつがGoogleが昨年末に表明したモバイルファーストによる

近い将来のためのSEO対策とのことでした。

 

早速お見積りを提出し、事例URL及びサンプルに

その企業のトップページをスマホサイト対応した場合のイメージが見れるように

仮サーバーにデータをアップしました。

価格も自信ありましたし、サンプルや実績まで付けたので完璧と思っていたのですが

何の連絡もないまま1か月が過ぎました。







そして忘れたころに突然電話がありました。

もうすでに私は社名も忘れておりましたので、

お客様からお手元の見積もり番号を伺って、すぐに生産管理台帳を検索すると

「スマホサイト対応、34P、●●万円」のシンプルな見積書が表示されました。

次に会社名で検索してPCサイトを表示させると

やっと今までお話ししたいきさつを思い出しました。

 

お話を伺うと、先方が電話をした理由は

あまりに安かったので、内容が確かなものか

確認したかったということがわかりました。

トップページのサンプルを提示していたのですが

それを見ていなかったらしいのです。

 

一旦電話を切りサンプルを確認していただくことになりました。

 

再度先方から電話があり以下の3つの依頼がありました。
1.トップ以外で1Pサンプルができないか
2.タブレット対応した場合の見積もり
3. 更新作業を月間単位で契約した場合の見積もり
それと言われたのが、サンプルはスマホ対応しているが

スマホを横に向けるとPCサイトが表示されるとのことでした。

上記3点についてはデザイナーと打ち合わせしてお返事する旨伝えました。

 

早速デザイナーと打ち合わせすると

サンプル追加の件は、今月中旬まで納期優先のご注文が立て込んでおり

すぐの対応はできない。

スマホ横画面のPCサイト表示については

可変サイズ設定を640pxから768pxにするだけなので

すぐに対応する。

タブレット対応についてはコストを考えると

お薦めできない。これは私も同感です。

費用対効果を考えるとよほどの大企業がイメージ戦略で使用する場合とかでないと

あまり意味がなく、検索需要を考えても、別にPC画面表示でいいと思います。

 

しかしお見積りは一応作成し提出しました。

デザイナーが懸念していたのは

営業品目のわかりやすく説明するために

3Dの事務所スペースから引き出し線を引き

営業品目を説明しているところでした。

PC画面用のデザインなので

スマホに表示させると文字が小さくなり

読み辛いのです。

下がイメージです。

説明イラスト

 

このこともお客様にお伝えすると

他社はそこまで含んで、つまり画像をスマホ用に調整する作業まで

含んでいるから高額ではないのかと質問がありました。

 

それに対して以下のようにご回答いたしました。

「通常、デザイン変更なくPCサイトをスマホ対応、
つまりレスポンシブ・web・デザインにリニュアルする場合は

PCで使用している画像は活かして、もしくはサイズが合わない場合は

文章に置き換えて、切替表示させるのが通常のやりかたなので

いちいち画像を修正し、高くなる見積もりは出さないのが普通です。

またスマホの場合は画像が見辛い場合ピンチアウト(親指と人差し

指で画面を広げる)で拡大できます。ですから他の業者にその営業品目ページの画像については

どのような扱いにするのか確認した方がよろしいです。」

 

そのようなやりとりの後、スカイプで3度ほどお互いの顔を見ながら

質問・確認を繰り返した後、受注が決定しました。

また今後のウェブサイトの更新管理も年間契約で頂戴いたしました。

ウェブの世界は皆様不安があるようで

その不安解消のためには十分な説明と

顔を見ながら話さないとダメなんだなあと

強く感じた出来事でした。