差し替え製本(上製本・無線綴じ冊子)の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

差し替え製本(上製本・無線綴じ冊子)

2019年6月13日(木)
差し替え製本(上製本・無線綴じ冊子)

こんにちは、西田です。
 
印刷お困りごと”あるある”から
本日は差し替え製本での解決法をご紹介します。
 

冊子を印刷した後に、なんと、誤植を発見!!

 
本当に困りますよね。
 
あれだけ校正したのに、なぜ気づけなかったのか?



悔やんでも、いまさら仕方ありません。



早速対処を考えます。
 

正誤表?刷り直し?


 
正誤表は安いけど、自分の仕事の不正確さをさらすようで、体裁悪いですよね。
 
一方、刷り直しは費用が高額になります。
 

こんな時は『差し替え製本』という手があります!

 
しかしながら、製本の仕様によっては
できるものとできないものがありますので
ご説明いたします。
 
まず製本には大きく分けて以下の3種があります。

 

 
上図で一番左の中綴じ製本は、残念ながら差し替え製本できません。
真ん中の無線綴じと上製本は可能です。
 
しかし、どこでもやれるというわけではないのです。
この技術がないところは「できません」と答えて
刷り直しをお勧めするでしょう。
 

もちろん当社はできます(条件有)。

 
ただし制限があるのです。
以下の上製本は、50冊程度までなら問題なく差し替え製本できるのですが
あまり数が多くなると、専門技術のため対応できません。
 

 
次に無線綴じの場合ですが、厚さは100P程度で冊数500冊程度までなら対応可能ですが
製本した糊を一回断裁してバラバラにしなければなりません。
そして訂正したページと差し替え後
表紙および隣接ページを印刷し直して、再度製本しますので
以下のように製本側(ノド)と天地がそれぞれ3mmづつ短くなるのが弱点です。
 

 
しかし刷り直す費用と比較したら
安価でできますので、若干小さくなるのが大丈夫であれば、お薦めです。
 
もし他社でできない場合は、当社にご相談ください。
 
本日は差し替え製本のご紹介でした。