粥鍋 順徳でお客様と2人忘年会 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光の記事です。

常にお客様の本当の悩みを見て 心から寄り添い解決する印刷会社

粥鍋 順徳でお客様と2人忘年会 | 年間6,000件以上の制作実績を持つ印刷会社三光

2018年12月10日(月)
粥鍋(かゆなべ) 順徳でお客様と2人忘年会

こんにちは。西田です。
 
12月6日(木)夕方から福岡市薬院で
お客様と2人忘年会を行いました。
毎年恒例行事になっていて、今年で3年目です。
 
お客様は横浜の会社の方で、僕が東京営業所にいたころからのお付き合いです。
 
今回、1次会はお客様のお知り合いで
薬院在住の方からのお勧め『順徳』。
 
日本ではまだ知られていない中国の伝統料理【粥鍋(かゆなべ)】の店です。

 
最初に生ビールを頼んで
 

「1年間、本当にありがとうございました!乾杯!」

 
早速メニューを見ると
粥鍋コースの3500円、4500円がメイン
他にはチャーハンや焼き餃子、ニンニクの茎と鶏もつの炒め物などもありますが
やはり粥鍋を食べないと、ここに来た意味がありません。
 
ということで、粥鍋4500円を2人前、あわび抜きで頼みました。
(なんと1軒目はお客様のおごりです)
 
あわびを抜いたのはお客様が苦手のためで
その分、他の素材に交換してもらいました。
 
最初に料理の写真を撮り忘れて
ホームページからの写真がこちら
 

 
だから・・・あわびが入ってます。
 
店の雰囲気ですが
スーツ姿の男性が接客する
少し高級な感じで

 
僕たちが座った席から入り口の方向を写すとこんな感じです。
 

 
オープンしたばかりの地下1階のお店で(写真正面の階段が降り口です)
平日の17時半ということもあり、他のお客様は1組だけでした。
 
 
◆コース内容◆

◇粥鍋スープ

◇はまぐり

◇活あわび(一枚)→今回は抜き希望

◇活車えび(二尾)

◇北海道産たこ

◇鯛・はまちのどちらか

◇和牛

◇野菜(冬瓜、サニーレタス、白シメジ)
 

 
お米の旨味と栄養がたっぷり溶けたスープで海鮮、肉、野菜を食べる鍋です。
調理に手間がかかる為なのか、日本で食べられるお店はほぼありません。
 
特殊な方法で長時間煮込んだお粥を裏ごし後、色々な生薬と共に煮込み、
手間をかけたスープをベースにしているそうです。
 
まろやかなうまみのあるスープで
食材も新鮮。
たこ、はまち、鯛の切り身は寄せ鍋の切り方ではなく
まさに刺身です。
 
これをしゃぶしゃぶで食べるから贅沢。
 
串を刺された車えびはまだ頭と足がピクピク動いています。
 
お店の人が最初にはまぐりを鍋に入れてくれて
後はお好みで、とのことです。
最後にサニーレタスを投入するのがお勧めだそうです。
 
店名の『順徳』の由来は、中国の地名からで
広東州順徳は中国の中でも、最も裕福な地区として知られ、
なんと国連からも「世界で最も裕福な地区」として認定されています。
 
TV番組『料理の鉄人』で有名になり、2014年に亡くなった
周 富徳の祖先は広東州順徳区出身です。
 
順徳地区で有名な料理の1つがこの粥鍋なのです。
 

 
飲み物2杯目から、僕は黒霧のロックに切り替えて
お客様は生ビールのお替り。
 
今後の仕事の打ち合わせをしながらでしたが
新しい取組みの話でしたので、盛り上がり
お客様から2件の受注が決まりました。
 

 
最後の締めは写真右下のもちです。
(その上はニンニクの茎と鶏もつの炒め物)

 

 
鍋つけだれの中国醤油は、ほのかな甘みがあり、たまりません。
 
 
最後に一言
 

「ご馳走様でした!粥鍋まいう~!」

 
 
 
粥鍋 順徳(かゆなべ じゅんとく)
福岡県福岡市中央区薬院4丁目8-3 アートケイズ浄水B1
TEL 092-406-4858